玉 野市電保存会入会のご案内

 琴電760号は1951 年(昭和26年)、日立製作所で製造された備南電鉄モハ100形3両のうちのモハ103号という車両です。1953年(昭和28年)の備南電鉄の開業とと もに活躍を始めました。1965年(昭和40年)に玉野市電がディーゼル化されたため琴電に売却され750型となりました。うち2両は廃車になり、760 号のみが現存しています。
 琴電では冷房化率100%をめざし、冷房車を増備してきました。冷房のついていない旧車両については数両保存されましたが、760号は06年 9 月についに引退しました。
 2005年5月に760号を使ったツアーを企画しましたが、これを前後してぜひ保存してほしいという声が多数寄せられました。私たちは、760号の玉野 市への里帰りを実現し、玉野市電の存在と果たした役割を後世に伝え、さらに玉野市の歴史的な財産を守ることによって、玉野の町おこしに貢献していきたいと 考えています。このことを実現していくためには、琴電をはじめ、地元玉野市や市民の理解を得ることが必要であると考え、その運動を進めていくために「玉野 市電保存会」を05年7月6日に結成しました。
 玉野市と保存場所について協議を続け、玉野市奥玉の「すこやかセンター」敷地内で保存することで合意をすることができました。そして 2006年9月24日玉野への里帰りを果たすことができました。私たちはこれからも末永く玉野市のシンボルの一つとして市民に親しまれるように保存してい きたいと考えています。 

以上の趣旨に賛同していた だける方 は、会に入会していただけます。

会費は、年会費として 1000円です。ただし、大学生以下は会費無料です
入会時に1000円をご入金ください。次年度以降は、会報と一緒に振込用紙を送ります。

入会を希望される方は下記のところ までメールでお申し込みください。ご案内を送らせていただきます。

mailtamanosiden@nifty.com

home